こんなことになっていませんか?

妻:「あなた、浮気してるでしょ??」
夫:「そんな訳ないだろうが!」
妻:「このレストランの領収書、二人分だけど、誰と行ったの!?」
夫:「会社の後輩とに決まってるだろ!」
妻:「嘘!こんな高い店、女と行ったんじゃないの!?」
夫:「そこまで言うんだったら証拠みせてみろ!!!!」

こんな会話に心当たりはありませんか?

この「証拠でもあるなら見せてみろ!」というセリフに「浮気調査」を決心される方が多いです。
「浮気を本人に問い詰める」という行為は、奥様側に非常にストレスが溜まった段階で実行する事が多いです。
「探偵に頼んで調べてやる!」
なんて捨て台詞まで言ってしまう方がおられます。

浮気夫「申し訳ない、その子とはすぐに別れるから許してくれ」
浮気妻「ごめんなさい、あなたが最近相手してくれないから、寂しくて…」

上記のように「証拠でもあるのか!?」と半分逆ギレで浮気を否定していた旦那様や奥様が、このような台詞を吐いてしまう理由は「自分の不貞行為」の証拠を見せられたからです。

自分が他の異性と「ラブホテルから出てくる」写真を見せられたら、ほとんどの方が大人しくなってしまいます。
特に男性の場合は浮気がバレてしまうと、心を入れ替えて早い時間に会社から帰宅したり、奥様のご機嫌を取る方が多いようです。

反対に女性の方は「浮気のはずが、いつしか本気に…」というパターンが多く話し合いの成果も虚しく、すでに心が相手に向いてしまっているため離婚に向けて話しが進んでいくケースが多いのです。
プロの探偵からアドバイスさせていただくとするのなら
旦那様・奥様の行動に不審を持ったなら、早急に対策をする必要があるということです。

あなたに結婚生活を再構築する意思がないのであれば、関係が発展するまで様子を見て待つのも一つの手ですが…

あなたが真剣に「慰謝料請求」をしようと思われた場合は「確実な浮気の証拠」は必ず必要になりますし、別居などをして、時間がたてば経つほど破たんとみなされ、慰謝料請求どころか、不利になっていくケースもありますので、証拠集めは直ちに始めた方が良いと思います。
どうしよう。。。そう思われているのであれば私達に相談だけでもしてください。