離婚 - 浜松探偵のブログ

浜松で信頼出来る探偵なら 磐田みらい探偵所
調査力+撮影技術力+相談力に自信があります!秘密厳守、確実に勝てる証拠が必要な方は、私達にお任せください!
2016年12月09日 [離婚]
前回のブログで書いた
離婚後の生活に大きくかかわってくると言っても過言ではない「公正証書」というもの!!
はたして・・・それはなんなのかっ ( `ー´)ノ

それを説明をする前に 「離婚協議書」 について少し・・・

離婚協議書とは、離婚する時にお互いが話し合って(協議をして)合意した内容を書いてある文書のことです。
離婚する時に必ず作成しなきゃいけないものではないですが、、
離婚した後に、ああ言ってた!こう言ってた!あれを約束したはず!などという曖昧な状態での争いにならないようにするための証拠になります。
離婚協議書は書き方が決まっていたりしますが・・・弁護士や行政書士などの専門家に依頼しなくても、
ネット上に無料の雛形もたくさん出回っているので、それらを参考に自分で作ることもできます。
一般的に、話し合って決めて協議書に記載する内容はだいたいこんな感じです。
@離婚への合意を示す文言
A慰謝料について
B財産分与について
C年金分割について
〜お子様がいらっしゃるご夫婦の場合〜
D親権者(監護権者)の指定について
E養育費について
F面会交渉について

ただ、この離婚協議書というものは話し合いの内容を記載するだけのものであって、誓約書のように約束を守らせるような力はありません
そこで!!
この離婚協議書をもとにして「公正証書」という文書を作成するのです!
離婚協議書で交わした約束を絶対に守らせる効力を持たせたものが「公正証書」です。
公正証書=裁判で確定した「判決」 と同じです。
公正証書の作成
例えば、元夫から養育費の支払いをしてもらえなくなった場合には、
元夫の意思や許可とは関係なく、裁判所が強制的に元夫の給与を差し押さえて支払わせることができるのです。
公正証書は公証役場という専門機関で作成する必要があり、費用もかかります。
でも、いざという時のためには絶対に公正証書を作っておくことをオススメします。

離婚する時には「後で言った言わないにならないように、口約束だけじゃなくちゃんと離婚協議書を作りましょう」と約束をし、
離婚協議書の中には「ちゃんと公正証書にする」という約束事を盛り込む。

離婚する時って本当にものすごくエネルギーを使いますし、とても疲れます。
大変すぎて嫌になっちゃって、とにかく早く終わらせたくて、色んな取り決めや文書作成をしないまま・・・で、養育費を支払ってもらえなくなってから後悔しないように、大変でも頑張ってやっておくべきこと、知っておくべき知識があります。
ご自身のためにも、お子様のためにも、公正証書の作成を!


2016年12月07日 [離婚]
離婚してから

■約束してあった 慰謝料 や 養育費 がちゃんと払ってもらえなくなったらどうしよう・・・
追加で慰謝料の請求をされるなんてことになったりしないだろうか・・・

こういった不安は皆さんあると思います。
残念ながら、離婚後、時間が経つにつれて元夫からの養育費が支払われなくなってしまう、ということは多いのが現実です。
いくら言っても支払ってもらえなくて、泣き寝入りする…なんてことにならないように、
磐田みらい探偵所では、ご依頼者様には
「離婚時に決めるお金に関する約束や、その他にも相手と約束することは全て公正証書にしておくこと」をオススメしています。
公正証書
コレを知っておくこと、きちんとしておくことが、離婚後の生活に大きくかかわってくると言っても過言ではありません!

公正証書の詳細については、また次回〜☆

2016年11月14日 [離婚]
浮気や不倫をしているパートナーを問い詰めたり、離婚を言い渡した時、どんなリアクションが返ってくるでしょうか?
正直に認めて謝罪する… 浮気なんてしてない!とシラを切って認めない… 
それまでの夫婦関係や人間性によって色々だとは思いますが、

互いの合意が得られず離婚調停や裁判になった時に一番多いのが、
「そもそも夫婦関係は破たんしていた」 という主張だそうです。
浮気や不倫の言い逃れをする時の定番のセリフですが、ではこの夫婦関係の破たんってどういう状態のことなんでしょう?

夫婦関係の破たん
夫婦関係の破たん状態=相互に共同生活を維持する意思がなく、夫婦として回復の見込みがない状態 
と言われますが、この状態を証明するための定義はなく、抽象的なものでしかありません。
夫婦として冷め切っているとか、何年もセックスレスだとか、何年もそういう状態であっても、
それらが客観的に判断できない場合は、破たんしていたことを公的に立証することはできません。
客観的な判断ができるということは、誰がどう見てもそう判断できる説明材料がきちんとある、ということです。

ここで、夫婦関係はすでに破たんしていたのだから、今回の浮気や不倫に対して責任はないですねと判断されてしまうか、
一方の浮気や不倫が原因で夫婦関係が破たんしたのだから、浮気した側に責任があると判断されるか は、
その証拠がきちんと見せられるかどうかにかかっています。
浮気されてこんなにもツラくて悲しい思いをした。こんなに怒っている。という感情は、
いくら一生懸命伝えても、浮気を立証する材料にはなりません。
気持ちは証拠にはならないんです。

夫(妻)の浮気や不倫が原因で離婚をしたいと思っている方、浮気相手に慰謝料を請求したいと考えている方は、
絶対に言い逃れをさせない証拠を用意しておく必要があります。
浮気調査に断然強い磐田みらい探偵所なら、絶対に負けない証拠をご用意できます。
浮気・不倫を証明する材料が必要な方は、ぜひご相談ください。

このページの先頭に戻る